つぐ、つなぐ、つくりだす。

Recruiting Site

POTENTIAL&ROLE
数字で見る武蔵野銀行

地域の可能性と
当行の役割

武蔵野銀行が営業基盤とする埼玉県は、約4,000万人を抱える首都圏の中心に位置する巨大マーケット。その埼玉県が秘めた発展の可能性と武蔵野銀行の地域経済への貢献を数字の面からご紹介します。

地域の可能性を
つぐ、つなぐ、つくりだす。

数字から見る武蔵野銀行の
マーケット&地域の可能性

  • 隣県トータル国内最大の
    巨大マーケット

    全国第5位の人口数

    当行が営業基盤とする埼玉県の人口数は726万人(全国5位)。日本の人口の3分の1(約4千万人)を抱える首都圏の巨大マーケットの中心に位置しています。生産年齢人口(15~64歳)は東京都などの主要都市に次ぐ全国第4位と、成長力を持つマーケットであることを数字が示しています。

  • 子育て世代の若い力に
    あふれた未来ある県

    15歳未満転入超過数1位

    年代別転⼊超過数では特に20代・30代の転⼊が多く、15歳未満転入超過数は全国1位。鉄道網の拡充や⼤規模集合住宅の整備が進み、⼦育て世帯の流⼊が続いています。未来あるお客さまのライフステージをサポートする当行の役割は大きいと自負しております。

  • 交通インフラが発達した肥沃な経済圏

    高速交通ネットワーク
    1都6県/新幹線6路線

    埼玉県全域が都心から100Km圏内。高速道路網は東西南北につながっており、鉄道網は北海道・東北・秋田・山形・上越・北陸の新幹線全6線が大宮を基点として主要都市を結んでいます。こうした交通インフラの発達により、人口と産業が高度に集中する肥沃や経済圏となっています。

  • 世界主要国の中位に匹敵する経済規模

    県内総生産23.4兆円
    (全国5位)

    県内総生産23.4兆円。この数字は首都圏をはじめとする全国の主要都市と並ぶほか、世界の国を例にすると総生産40位前後の中位国に匹敵する大きな経済規模です。埼玉県内には約25万の事業所があり、医薬製品、化粧品出荷額が全国1位を誇るなど、生産活動も盛んです。

  • スポーツ振興、エンタメ、
    観光に適した環境

    4年間快晴数全国1位

    プロ野球チーム、プロサッカークラブなど、多くのプロスポーツチームが埼玉を本拠地とし、施設では、アジア最大級のサッカー専用スタジアム「埼玉スタジアム2002」やさまざまなイベントが開催されるさいたまスーパーアリーナなどの大型施設を擁する埼玉県。年間快晴数は全国1位で、スポーツや観光、野菜の出荷量など、さまざまな経済効果に寄与しています。

地域と企業の未来を
つぐ、つなぐ、つくりだす。

数字から見る地域と企業の成長を支える武蔵野銀行の実績と取組み

  • 事業承継支援

    202社

    事業承継は今や日本全体の課題。当行では、地域の企業を中心に、円滑な事業承継・後継者育成など、地域企業の継続と成長をあらゆる面でサポートしています。

  • M&A支援
    日本M&Aセンター「地域貢献大賞」受賞

    283社

    M&A支援を、地元企業の事業承継の課題解決、雇用の維持拡大に繋がる重要な業務と位置づけ、継続的に取り組んでいます。

    ※第8回M&Aバンクオブザイヤー 「地域貢献大賞」受賞/地域貢献大賞」は、全国各地(7つの地域ブロック)において、M&Aを通じ、それぞれの地域に最も貢献した地方銀行に授与されるものです
  • 当社が関与した創業件数

    1,180社

    当行では、伴走支援型をベースに、金融のプロとして経営相談などを積極的に行っています。数多くの地域企業の創業から成長・安定期を共に歩んでいます。

  • ものづくり経営塾

    900人参加(のべ人数)・14回開催

    製造業におけるデジタル化やIT活用など、最新動向や先進企業の取り組み事例をテーマとした講演のほか、ものづくり経営塾に参加した企業の交流機会を創出し、ものづくり企業を多面的に支援しています。

  • 産学官連携

    8大学

    県内に拠点を置く8大学と連携し、当行のお取引先企業の研究開発・経営革新などの課題解決を支援しています。

    • 東洋大学(川越市)
      製造・工業分野
    • 埼玉工業大学(深谷市)
      電気分野
    • 立教大学(新座市)
      観光産業
    • 日本工業大学(宮代町)
      AIやIoTなど先進工学
    • 西武文理大学(狭山市)
      サービス産業
    • 埼玉大学(さいたま市)
      文系・理系の広汎な分野
    • 埼玉県立大学(越谷市)
      介護・福祉分野
    • 平成国際大学(加須市)
      健康・スポーツ分野
  • 目利き力向上

    約570名

    地域の産業、企業の力を高度な知識で支援するプロフェッショナルとしての「目利き力」向上の取り組みを積極的に行っています。

    高度な知識を有する人材の育成

    行員に成長機会を与える場として、2014年に『MVPアカデミー』を創設。「中小企業診断士」など上級の資格取得や、「農業経営アドバイザー」など専門分野に関する高度な知識を有する人材の育成に注力しています。

    千葉銀行と共同した目利き力養成の取組み

    目利き力向上のための千葉銀行との合同研修・セミナーを開催。医療や建設、観光など業種別の「目利き力養成講座」「経営改善セミナー」など多種多様な講座を開き、2020年7月までに両行合計で約570名が参加し、プロフェッショナルとしての目利き力を磨いています。

採用動画

CLOSE